地域資源リブランディング講座

事例とともに学ぶ、地域資源の生かし方

地域資源を活用した商品・サービスの開発及びそのブランディングが、全国各地域で行われているのはみなさんもご存知のことでしょう。

しかし、地域資源の魅力に気づき、ブランディングをすすめようとしても、なかなかノウハウや具体事例というものを学ぶ機会はそう多くはありません。

全国の様々な事例を参考に講義をすすめながら、これからの地域の可能性を探っていきます。

地域に眠る資源を多角的に考える

地域資源とは何か、どのような地域の可能性があるのか、どのように活用できるのかを考える全10回の講座をご用意しました。

お迎えする講師は全国で活躍されているスペシャリスト。例えば、一粒1000円の「ミガキイチゴ」を生み出した岩佐大輝氏からは、「ゼロからの産業の再創造」を。またNPO法人ETIC.代表理事の宮城治男氏からは「地域を変えるソーシャルビジネス」など、幅広く学んでいきます。

ぜひこの機会を利用して、私たちの身の回りにある魅力ある宮崎の資源を見直してみませんか。

こんな方が対象です
・事業主
・企業の商品開発や企画などの担当者
・農業、デザイン会社、NPO法人(防災や地域づくり)に従事されている方
・社会起業家を目指している方

講座スケジュール

 セミナー講座#1
地域資源とは何か?について考えるワークショップ
11月13日(月)16:30~18:30

場とつながりラボHome’s vi代表
嘉村 賢州
集団から大規模組織にいたるまで、人が集うときに生まれる対立・しがらみを化学反応に変えるための知恵を研究・実践。研究領域は紛争解決の技術、心理学、脳科学、先住民の教えなど多岐にわたり、国内外問わず研究を続けている。2015年に一年間、仕事を休み世界を旅する。組織論の概念tealorganizationと出会い、日本で組織や社会の進化をテーマに実践型の学びのコミュニティ「オグラボ」を設立、現在に至る。

 セミナー講座#2
目的を外部化せよ~本気をデザインする~
11月22日(水)16:30~18:30

株式会社 応用芸術研究所 代表取締役 
片木 孝治
1970年京都市生まれ。京都府や福井県の自治体と連携し、京都を中心に関西圏で学ぶ、大学・学部・学科を超えた大学生たちが主体的に活動する地域滞在型活動事業【Xキャンプ】の総合ディレクターとして企画運営に携わる。また、建築設計で培ったモノづくりの思考法や対話方法=エスキスなどを、コトづくり(地域活動)の分野に用いながら、地域振興と人材育成に取り組む。

 セミナー講座#3
地域で稼ぐ!かえーる人
12月6日(水)16:30~18:30

レプタイル株式会社代表取締役
地域応援クラウドファンディング「FAAVO岡山」代表
丸尾 宜史
1982年岡山県生まれ。法政大学卒業後、学生時代から松田公太氏にあこがれ、タリーズコーヒージャパン株式会社に入社。その後ベンチャー企業を経て、2013年、岡山県北部にレプタイル株式会社を創業。マーケティング支援をしながら、地域を元気にするWEBサービスをリリースし、運営している。2015年7月、書籍『地方に「かえ~る人」-自分スタイルではたらく、暮らす-(吉備人出版)』を出版。

 セミナー講座#4
地域資源を活用し、未来に残す自然エネルギーについて学ぶ
12月20日(水)16:30~18:30

自然電力株式会社 代表取締役
磯野謙
新卒でリクルートに入り、広告営業を担当。その後、風力発電事業会社に転職し、全国の風力発電所の開発・建設・メンテナンス事業に従事。2011年6月自然電力を設立し、代表取締役に就任。主に新規事業開発を担当。2013年1月juwi(ユーイ)自然電力株式会社設立後、同社取締役も兼務。慶應義塾大学環境情報学部卒業。コロンビアビジネススクール・ロンドンビジネススクールMBA。

 セミナー講座#5
ゼロからの産業の再創造~1粒1000円“ミガキイチゴ”の挑戦~
1月9日(火)13:30~15:30

株式会社GRA代表取締役CEO
岩佐 大輝
1977年、宮城県山元町生まれ。大学在学中に起業。東日本大震災後、大きな被害を受けた故郷山元町の復興を目的にGRAを設立。先端施設園芸を軸として「地方の再創造」をライフワークとするようになる。イチゴビジネスに構造変革を起こし、一粒1000円の「ミガキイチゴ」を生み出す。現在日本及びインドで6つの法人のトップを務める。著書に『99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る』『甘酸っぱい経営』がある。

 セミナー講座#6
地域を救う「コミュニティデザイン×テクノロジー」
1月24日(水)16:30~18:30

一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO / 防災士・防災介助士 / 行動心理士 / キャリアコンサルタント
Mistletoe株式会社 プロデューサー

大塚智子
熊本生まれ、福岡育ち。大学で地域経済を学んだのち、ソフトバンクで人事・検証エンジニアとして7年間勤務。東日本大震災以降、現地で家屋清掃やマッサージなどのボランティアに参加しながら、現地における「震災関連死」という問題に向き合い、防災・心理学の分野へ。現在は福岡市において「災害に強い街づくり」を推進しながら、有事に力を発揮する地域デザインに取り組んでいる。

 セミナー講座#7
愛され必要とされる企業になるためのステップ
2月7日(水)16:30~18:30

ホーム代表
但馬武
パタゴニアに昨年まで約20年勤務。ダイレクトマーケティングや顧客エンゲージメント戦略推進を担当。勤務の傍ら「ビジネスを通じて社会を変える」ことを理念に、企業と顧客とのエンゲージメント戦略を立案・推進し、企業変革をサポートしている。また、欲しい未来を創りたいNPOやソーシャルビジネスを展開する人々が集うコミュニティー「home」を運営。1月から岡山県西粟倉村に本社を置くエーゼロ株式会社に参画。

 セミナー講座#8
地域を変えるソーシャルビジネス
2月16日(金)19:00~21:00

NPO法人ETIC. 代表理事
宮城 治男
1972年徳島県生まれ。1993年、早稲田大学在学中に、学生起業家の全国ネットワーク「ETIC.学生アントレプレナー連絡会議」を創設。2000年にNPO法人化、代表理事に就任する。ETIC.は若い世代における「起業家型リーダー」の育成に取り組み、450名を超える起業家を輩出している。2011年、世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダー」に選出された。

 セミナー講座#9 
地域の課題と地域のUSP(独自性)から機会を探る
2月20日(火)19:00〜21:00

ネクストコモンズラボ代表
林篤志
1985年生まれ。ポスト資本主義社会を具現化するための社会OS「Next Commons Lab」をつくる。2016年、一般社団法人Next Commons Labを設立。自治体・企業・起業家など多様なセクターと協業しながら、新たな社会システムの構築を目指す。日本財団 特別ソーシャルイノベーターに選出(2016)。Forbes Japan ローカル・イノベーター・アワード 地方を変えるキーマン55人に選出(2017)。

 セミナー講座#10
共感を呼ぶブランディングについて考えてみよう
3月7日(水)16:30~18:30

株式会社都市設計取締役
ブランディングディレクター・プロジェクトデザイナー
氏家 滉一
東京、仙台の二拠点で会社を経営。建築設計事業部と都市計画、地域・企業のブランディング事業部のハードとソフトを行き来する会社を経営。 専門は、まちづくりのグランドデザイン構築、観光資源、地域資源を活かしたブランド構築のプランニング、地域のまちづくり人材育成。JR東日本とのコラボレーションし仙台駅の遊休地期間限定活用プロジェクトで2017年11月オープン予定の食と遊びで未来を志向する実験広場「EKITUZI」をプロデュース。

 講座概要

定員 30名
開催場所 若草HUTTE
(宮崎県宮崎市橘通東3丁目5-33 鈴木ビル)
申込締切日 2017年11月12日 ※申込先着順で定員になり次第締め切り
講座料 無料
持ち物など 筆記用具
お問い合わせ先 宮崎市『夢。創造』協議会事務局
□住所:宮崎市橘通西一丁目1番1号
(宮崎市役所 第二庁舎 商業労政課内)
□電話番号:0985-24-0017
□メール:contact@miyazaki-job.jp
□担当:田口

 

この講座に申し込む