マーケティング支援事業

共感マーケティングで企業や地域を活性化させよう

マーケティングにおいて一番重要な命題は「買ってもらうこと」。

しかし、単純にモノやサービスを広告宣伝しても、売れなくなった現代。そして、モノのコモディティ化に加え、スマホが普及したことにより、情報のコモディティ化も加速しました。このように、モノも情報も同質化した今、人々は「価値」に重きを置くようになったと言われています。

つまり、「自分の価値観」に「共感できるモノと情報」を、一人ひとりが選ぶ時代へと移り変わってきました。

お客様に共感され選ばれる時代

SNSの「いいね!」の数で、「共感」が可視化されるようになった今、多くの人が「共感マーケティング」が必要だと気づき始めました。

その中で近年注目されているのが「クラウドファンディング」。元々は、新しいアイデアを実現する手法として注目されていましたが、一方で新しいアイデアに共感する人がどれくらいいるのかを試すといったマーケティング的な意図を持って利用されている事例も、最近は数多く見うけられます。

このように、マーケティングの手法も時代と共に大きく変わってきました。その中で、私たちはどのように事業を展開していけばよいのでしょうか。「共感マーケティング」や「地域ビジネス」をキーワードにしながら、全10回の講義をご用意しました。

現在マーケティング職につかれている方や、クラウドファンディングに興味がある方、ぜひ一緒に学んでみませんか?

こんな方が対象です
・事業主
・企業でのマーケティング担当者
・マーケティングについて興味のある方

講座スケジュール

 セミナー講座#1
マーケティングの原理原則
10月30日(月)16:30~18:30

株式会社シナプス 取締役
後藤 匡史
10年間のコンサルタント経験を有し、BtoB、BtoC問わず幅広い領域のマーケティング・新規事業領域のコンサルティング実績がある。特に、ファシリテーションには定評があり、ワークショップで顧客を成功・成長に導くほか、クライアント企業の経営会議のファシリテーターも依頼される。1973年生まれ、2007年シナプス入社、2008年から現職。現在、コンサルティング部門、管理部門を統括。

 セミナー講座#2
シリコンバレーが創る社会の変化と、宮崎が持つビジネスチャンス
11月9日(木)16:30~18:30

コンサルティング会社Serend 代表
大木美代子
サンフランシスコ近郊在住。日本IBMソフトウェア事業部にて、グローバル・マーケティング・プログラムの日本部門を担当。その後渡米、サンフランシスコGolden Gate Universityにて修士号 を取得。以降、シリコンバレーのIT企業・スタートアップにて、ビジネス開発及びマーケティング業務を歴任。2013年1月に独立、コンサルティング会社Serend の代表として活躍中。

 セミナー講座#3
スモールビジネスにおける精密なマーケティング必要性
11月24日(金)16:30~18:30

株式会社コミューナ取締役/マーケティング・ディレクター
笠間 健
宮城県仙台市生まれ。東北地方の様々な事業の企画・計画・運営などのプロジェクト・エンジニアリングを担当。理詰めのマーケティング戦略策定を得意とし、複数のビジネス支援機関に所属。特に東経連ビジネスセンターのマーケティング支援チームの一員として、東北の地域産品のマーケティング・サポートを通して東日本大震災からの復興を目指している。経営管理修士(MBA)。

 セミナー講座#4
明日からできるマーケティングの活用法
12月13日(水)16:30~18:30

国立大学法人 宮崎大学
地域資源創成学部 講師
土屋 有
宮崎県出身。37歳。上場企業からベンチャー企業(IT企業、クリエイティブ企業、医療・介護企業)の役員を歴任。5年前宮崎にUターンし、IT企業取締役を経て現在は宮崎大学講師。民間企業においては女性のライフスタイルの変化に合わせた在宅での新しい働き方をテーマにした事業を立ち上げ、2年で数億円規模の事業化。現在は大学でソーシャルビジネスモデル研究、シェアリングビジネスを含め複数のベンチャー企業顧問を務める。

 セミナー講座#5
シェア・共感を生み出すマーケティング講座
12月21日(木)16:30~18:30

株式会社mazel代表取締役
一般社団法人シェアリングエコノミー協会 事務局長
佐別当 隆司
2000年より株式会社ガイアックスに所属。広報・新規事業開発を経て、2016年1月一般社団法人シェアリングエコノミー協会を設立、事務局長に。 2017年内閣官房IT総合戦略室からシェアリングエコノミーの伝道師に任命。同年5月株式会社mazelを設立、代表取締役社長に就任。トライセクターの政治起業家として、シェアリングエコノミーの普及・推進と共助社会の実現を目指し、法規制の緩和などに従事。

 セミナー講座#6
ソーシャルビジネスを成功に導くマーケティング講座
1月18日(木)16:30~18:30

株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長
田口 一成
1980年生まれ、福岡県出身。早稲田大学商卒。大学2年時に、発展途上国で栄養失調に苦しむ子どもの映像を見て「これぞ自分が人生をかける価値がある」と決意。25歳で創業。現在は、日本・韓国・台湾・バングラデシュ・ミャンマー・ケニアなど世界で10を超えるソーシャルビジネスを展開。2016年度の売上は33億円。日本を代表する社会起業家として各分野から注目されている。

 セミナー講座#7
ふるさと納税制度を活用したこれからの地域づくり
1月29日(月)16:30~18:30

株式会社トラストバンク ラボグループ グループ長
田村 悠輝
サイボウズ株式会社にて、営業や法務部を経験後、新規事業の立ち上げで事業責任者を務めマーケティング戦略の立案などを担当。その後、Retty株式会社の飲食店ビジネスも立ち上げを行い2015年10月に株式会社トラストバンクにジョインし、自治体・事業者・寄付者へのふるさと納税講演を担当。ふるさとチョイスCafeの出店プロデュース、イベント企画などを担当し、ふるさと納税を通じた地域活性に努めている。

 セミナー講座#8
自社EC(通販)サイトの構築・導入により期待できる効果
2月15日(木)16:30~18:30

株式会社自然の都代表取締役
田中 耕太郎
都城市出身。宮崎の食にこだわったネットショップを運営するタマチャンショップ代表。おいしいだけでなく、安心、安全、健康に気を配った食事をつくってくれる、そんなニッポンのおかあちゃんになることを理念としている。2012 年楽天ショップオブザイヤー食品ジャンル賞、2013 年楽天年間ランキング賞品を受賞し、楽天のショップオブザイヤーを5年連続受賞。2017年8月、都城市にてタマチャンショップがオープン。

 セミナー講座#9
自社製品やサービスの魅力を見込み客に伝えるために必要なこと
3月1日(木)16:30~18:30

ヤフー株式会社
マーケティングソリューションズカンパニー 検索広告事業本部 本部長
中島みき
広告代理店での営業経験を経て、2006年オーバーチュア株式会社、2008年よりヤフー株式会社にて広告事業の営業推進部門を担当。2013年より同社マーケティングソリューションズカンパニー営業推進本部長として、ヤフー広告商品を「売るための仕掛けづくり」を担う。2016年10月より検索広告事業本部長に就任。ヤフーの検索広告の責任者。

 セミナー講座#10
伊右衛門サロンの仕掛け人が語る、
ヒト・モノ・コトをコラボレーションし、マーケティングを成功させる3つのヒント
3月15日(木)16:30~18:30

地域プロデューサー
島田 昭彦
スポーツ総合誌『Number』編集部を経て、2005年、総合企画会社 ㈱クリップ設立。ヒト、モノ、コト、文化、マッチング、京都、東京、海外で様々な仕掛けを展開、サントリー『IYEMON SALON KYOTO』、ホテル『The Screen』、『ガラスの茶室』『京都市動物園』『旧立誠小学校跡地利活用』などプロデュース。『ガイアの夜明け』テレビ出演講演多数。Number時代キャンプ取材で宮崎50回訪問。

 講座概要

定員 30名
開催場所 若草HUTTE
(宮崎県宮崎市橘通東3丁目5-33 鈴木ビル)
申込締切日 2017年11月8日 ※申込先着順で定員になり次第締め切り
講座料 無料
持ち物など 筆記用具
お問い合わせ先 宮崎市『夢。創造』協議会事務局
□住所:宮崎市橘通西一丁目1番1号
(宮崎市役所 第二庁舎 商業労政課内)
□電話番号:0985-24-0017
□メール:contact@miyazaki-job.jp
□担当:田口

 

この講座に申し込む