情報発信力UPセミナー

企業の情報発信力を強化しよう

ひとむかし前までは企業が消費者に対して情報を提供するにはマスメディアを経由するしか方法がありませんでしたが、今では広告を出したり、メディアに取り上げられなくとも、企業が情報を発信できることはいまや当然のようになっています。

さらにインターネットの普及に伴い、自社のWebサイトでの情報発信のみならず、メールマガジンやブログ、RSSなどが出現し、ソーシャルメディアが身近なものになることで、企業は日常的に消費者とコミュニケーションをとれるようになりました。

そんな中、近年は自社でタウン誌、地域情報誌、ポータルサイト、求人サイト、ブログサイト、クラウドファンディングサイトなどのメディアを作る企業も出て来ました。

しかし、すでに情報を発信しているものの、そこに意味を感じられていない担当の方や、より効果的な方法で情報発信を検討されている事業主の方も多くいるのではないでしょうか。

メディアの価値を高めるために

企業には今、あらゆる情報コンテンツをWeb上に蓄積することでメディアの価値を高め、さらに人々が情報共有することを考慮したコンテンツを設計することが求められています。そのために何をすべきか、さらに情報流通を促進するにはどんな力が必要なのか、一緒に学んでいきませんか?

この情報発信力UP講座では、ジャーナリストの方、出版関係の方、放送作家の方など、幅広い分野で活躍する講師の方をお招きし、様々な角度から一緒に考えていきます。

ぜひ全10回の講義をきっかけに、さらに企業の情報発信力を強化してみませんか?

こんな方が対象です
・事業主
・企業での広報担当者
・情報発信について学びたい方

講座スケジュール

 セミナー講座#1
ソーシャルメディアを味方につける -聴くから始まるコミュニケーション戦略
10月26日(木)13:30~15:30

ジャーナリスト
藤代 裕之
徳島新聞の記者として事件・事故や地方自治などを取材。2005年にNTTレゾナントに転職し、ニュースデスク、新規サービス開発などを担当。2013年から法政大学社会学部メディア社会学科准教授。日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)代表運営委員。著書に『ネットメディア覇権戦争偽ニュースはなぜ生まれたか』、編著に『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(第29回地方出版文化功労賞)など。

 セミナー講座#2
放送作家から学ぶ戦略的PR講座
11月8日(水)13:30~15:30

放送作家 / 戦略的PRコンサルタン
野呂エイシロウ
1967年生まれ。大学生時代に三菱電機と三菱総研、三菱電機のハウスエージェンシーだったアドメルコ(現・アイプラネット)が共同で作った学生企業「メルブレインズ」に所属。商品開発、PR戦略、学生マーケティングに携わる。三菱電機の学生向け家電製品「自由が丘シリーズ」の企画・開発・宣伝に携わり、多くのメディアに登場する。出版社を経て日本テレビ『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で放送作家デビュー。

 セミナー講座#3
日本の魅力を世界に発信する
11月24日(金)13:30~15:30

株式会社MATCHA代表取締役
青木 優
明治大学国際日本学部卒。学生時代に世界一周の旅をし、2012年ドーハ国際ブックフェアーのプロデュース業務に従事する。デジタルエージェンシーagument5 inc.に勤めた後、独立。2014年2月より訪日外国人向け WEB メディア「MATCHA」の運営を開始。「MATCHA」は現在9言語、世界200ヶ国以上からアクセスがあり、様々な企業や県、自治体と連携し海外への情報発信を行なっている。

 セミナー講座#4
コンテンツの最適化で届くべき人に届ける情報発信講座
12月7日(木)13:30~15:30

株式会社TABI LABO 代表取締役
久志 尚太郎
1984年生まれ。中学卒業後、単身渡米。16歳の時に飛び級で高校を卒業後、起業。帰国後は19歳でDELLに入社、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25ヶ国をまわる。復職後は25歳でサービスセールス部門のマネージャーに就任。同社退職後、宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月TABI LABO創業。

 セミナー講座#5
地方は都市とどうコミュニケーションを取るべきなのか~地方と都市の間にあるもの~
12月21日(木)13:30~15:30

作家・ジャーナリスト
佐々木 俊尚
1961年兵庫県生まれ。毎日新聞社、アスキーを経て、フリージャーナリストとして活躍。近著は近著は「そして、暮らしは共同体になる。」(アノニマ・スタジオ)。総務省情報通信白書編集委員。TABI LABO創業メンバー。TOKYO FM「タイムライン」MC。テレビ東京「未来世紀ジパング」レギュラーコメンテーター。著書『レイヤー化する世界』(NHK出版新書)、『キュレーションの時代』(ちくま新書)など。

 セミナー講座#6
一生学び続ける学びの場のつくりかた
1月18日(木)13:30~15:30

自由大学 三代目学長
岡島 悦代
日本大学国際関係学部、桑沢デザイン研究所ビジュアルデザイン科卒。受講生を経て2012年1月より自由大学の運営に参加。30種類以上の講義の企画から立ち上げに関わる。2013年尾道自由大学の立ち上げ、「クリエイティブキャンプ・イン・ポートランド」でプログラムのコーディネートなど。2015年6月〜2017年3月まで三代目学長。現在は自由大学及びクリエイティブチームのマネジメント&ディレクションを担当。

 セミナー講座#7
地域への関わる人を増やす情報発信の仕方
2月1日(木)13:30~15:30

株式会社ツナグム 代表取締役
京都移住計画 代表
田村 篤史
1984年 京都生まれ。立命館大学在学中、APUへ交換留学、NPO出資のカフェ経営に携わる。その後休学しベンチャーにて企画経験を積み、卒業後は海外放浪の末、東京の人材系企業に就職。会社員の傍らシェアハウス運営を行う。2012年にUターンし、京都移住計画をはじめ起業・キャリア支援、町家や商店街の活性化などの仕事も行う。2014年 『京都移住計画』出版。2015年 「京の起業家大賞」 優秀賞受賞。

 セミナー講座#8
出版を活用した情報発信
2月15日(木)13:30~15:30

英治出版株式会社 代表取締役
原田 英治
慶応大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。退職後、家業の印刷会社を経て、1999年有限会社原田英治事務所を設立。2000年に現在の英治出版株式会社に改組し、代表取締役に就任。「ブックファンド」という新しい出版ビジネスモデルを考案し、著者を応援する出版事業を展開している。2003年、韓国初の日系出版社Eiji21 Inc.設立(2015年株式譲渡)。

 セミナー講座#9
今の時代にとっても大切なお話~“らしさ”×発信~
3月1日(木)13:30~15:30

Team♡KATSUYA
LOVEコネクター/画家
勝屋 久
上智大学卒業後、日本IBMにて25年間勤務。2000年IBM Venture Capital Group パートナー日本代表、経済産業省IPA 未踏IT人材発掘・育成事業 プロジェクトマネージャーなどを経て、2010年8月に独立。『心でつながる場を創り、人の輝きを呼び覚ますお手伝い』をコンセプトに生き方そのものを職業としている。2014年本格的に画家として活動し現在は夫婦で様々な活動を行っている。

 セミナー講座#10
情報発信を通じて、創造的な生活者コミュニティを作るビジネス
3月15日(木)13:30~15:30

greenz.jp プロデューサー、事業統括理事
小野 裕之
1984年岡山県生まれ。中央大学総合政策学部卒業後は大手企業のウェブサイトなどを制作するベンチャー企業に就職。その後、greenz.jpに参画し、現在はNPOグリーンズの事業戦略づくり、企業や行政に向けた事業の開発や営業、オペレーションの責任者。また新規事業のインキュベーション等を担当。SIRI SIRI LLC. 共同代表。

 講座概要

定員 30名
開催場所 若草HUTTE
(宮崎県宮崎市橘通東3丁目5-33 鈴木ビル)
申込締切日 2017年11月7日 ※申込先着順で定員になり次第締め切り
講座料 無料
持ち物など 筆記用具
お問い合わせ先 宮崎市『夢。創造』協議会事務局
□住所:宮崎市橘通西一丁目1番1号
(宮崎市役所 第二庁舎 商業労政課内)
□電話番号:0985-24-0017
□メール:contact@miyazaki-job.jp
□担当:田口

 

この講座に申し込む